幹事あいさつ

 2021-22年度福島ロータリークラブの幹事を仰せつかりました金子與志人です。
幹事の職務や責務は何なのかを常に意識しながら、一年間務めてまいりたいと思っています。
 どうぞ宜しくお願いいたします。

 2020-21年度はコロナ禍で試行錯誤の連続であったと推察します。五阿弥会長、佐藤幹事そして全会員の知恵と工夫を集結させた一年間であり、敬意を表する次第です。
 現在もそうですが今後のコロナ禍での課題は、密を避けながら今までのように通じ合いを深めるという超難問だと思っています。
 これまでですと気持ちを通じ合わせたり共通認識のもと同じ方向へ進むなどは、膝を突き合わせるという言葉の実行であったと思います。会議後の酒宴などは、まさに典型的なコミュニケーションの一つであります。
 しかし、それができない中で福島ロータリークラブの一年間の活動と実績を作るには、手探りの中で決めたことを信じて進むしかないと考えています。
 その為には地区活動目標の一つとなっている会員増強をしつつ、クラブの結束力を高めることが大事だと思っています。
 そして各委員会の目標や活動計画を成功させるには、会員の皆様のお力を結集させることです。どうぞご協力をお願いいたします。
 昨年度に引き続き、リアルとリモートを活用しながらの例会やその他活動も多くなると思います。そうなると委員会開催も工夫をしなければならない点も多々ありますので、その時は遠慮なく私や事務局に話をいただければ幸いです。
 委員会活動を充実した中身に出来るよう、精一杯務めさせていただきます。
 一年間宜しくお願いいたします。